タラバガニ

タラバガニは日本でも特に有名なカニでしょう。しかし名前しか知らないという人も多いのではないでしょうか。タラバガニは、足が太く4対八本となっています。大きな甲羅がついていて全体的にとげとげとした印象の見た目をしているでしょう。味は淡白で大味、とても食べがいがあるダイナミックなカニはにではないでしょうか。ロシアやノルウェー、北海道が主な産地でズワイガニよりも値段は高めに設定されています。カニ味噌を食べる種類もありますが、タラバガニの味噌は基本的に食べません。そのまま食べてもとても美味しいタラバガニですが、さっぱりとしていて若干淡白だと感じる人も多いのでカニ鍋にする事も多いでしょう。また、産地によってのブランド性は特になく、ズワイガニの様に本ズワイガニや大ズワイガニ等に分けらえる事も有りません。こう見るとスワイガニの方がブランド性があり美味しいかにの様に感じるかも知れませんが、タラバガニはとても大きいため値段も高く設定されています。カニ本来の美味しさを堪能したいときには、タラバガニがお奨めです。

???? Vol.131 ???????

コメントは受け付けていません。