花咲ガニ

花咲ガニはタラバガニと同じ品種のヤドカリに分類されるカニです。大きさは800グラムから1キロが標準で、とても貴重な幻のカニとも言われている品種となっています。花咲ガニが水揚げ出来るのは北海道の根室近海の一部地域の身です。また、捕獲可能なのは7月から9月と一般的なカニと違い夏に主に収穫できるカニとなっています。カニといえば冬のイメージが強いですが、夏に取れた新鮮な花咲ガニを冷凍して冷たいまま食べるのもおすすめです。とても珍しい花咲ガニですが、一度食べるとその虜になってしまう人も多いでしょう。最高級品であるタラバガニよりも美味しいと感じる人も多く、その瑞々しさと濃厚な味が売りです。また、身だけではなくそのカニ味噌もおすすめです。緩く作られていますが、とても濃くがあり濃厚な味を感じるでしょう。さまざまな食べ方があり、そのまま食べたり、わさび醤油を付けたり、鉄砲汁やしゃぶしゃぶ等現地では様々な方法で食べられています。あまり親しみのない銘柄ですが、とても美味しくおすすめのカニの種類です。北海道旅行に行ったときに食べてみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。