毛ガニ

毛ガニは名前の通り表面に毛がたくさんついているカニのことを言います。生きている毛ガニはこげ茶色をしていますが、茹でると次第に赤色に変わっていくのも特徴の一つでしょう。販売されている毛ガニはほとんどが茹でているものなので、そのまま食べることが可能です。また、食べ方が少し難しいカニともいわれています。そのため足のみ食べる人も多いですが、出来ればカニミソや胴体までしっかりと食べる様にしましょう。とても美味しいので、細かい部位まで食べる事をおすすめします。毛ガニを食べるには、まず足をはずしましょう。もともと殻が薄いので簡単に外すことが出来ます。全て足を外し終えたら足の殻を切って下さい。包丁を立に入れると簡単に切れていきます。次に、甲羅を外してみましょう。お尻の方から少し力を入れて外すだけで、ぱかっと外れていきます。甲羅を恥ずると赤いお肉や味噌等が見えてきます。その後は腹にある毛ガニのふんどしを外し、エラを取り口を切り落として下さい。ここから更に分解して解体していきます。事前にしっかりとほぐせば美味しく簡単に食べられるでしょう。、

コメントは受け付けていません。